«

»

8月 05

スイスのモバイル事情

旅行に行って来ました。行きは忘れた(機材、航路は同一)。帰りはZRH-AMS KL1960(E190)+AMS-NRT KL863(777-200)
なんと帰りに荷物紛失に会いました。正確には紛失ではなく遅延(数日後に郵送)だったので良かったですが。(荷物紛失・遅延は損害賠償適用外…なんという約款)
エンブラエルには初めて乗りました。2-2の小型機です。揺れが厳しくて初めて航空機で酔いそうになった…

アムステルダム乗り継ぎでProVision 3Dフルボディスキャナの検査を受けました。撮影しようとしましたが、セキュリティ上禁止されていると言われてしまいました…残念。
このへんを読むと面白いかもしれません。(どうやら数人に一人を抜き取り検査してるみたいでした。一部記事に書かれていたように誤検出が多いせいでしょうか?)
L-3 SDS ProVision in action, London
L-3 SDS ProVision, How it Works (Animation)
How the ProVision ‘naked airport scanner’ works

ところで、今回はSwisscomを使用しました。
NATEL easy liberty unoというSIMを購入し、NATEL easy data package 300 MBというプランを適用します。適用は本来は”START DATA300MB”と444にSMSを送る必要がありますが、俺の3GルータじゃSMS送れないとゴネたらDBを直接触ってくれました。ありがとう。

NATEL easy liberty unoは20スイスフランです。1スイスフラン=80円でしたので、約1600円です。物価安い……
他にもNATEL easy data package 100 MBとかもあるので、電話とかを使う人はそっちか、従量制(デフォルト)、または短いならNATEL easy BeFreeとかを選んだほうがいいかもしれません。
Top-up(残高追加)はなんとスイス国鉄の券売機やキヨスクなどでできます。便利ですね。今回はする必要はありませんでした。

大規模Swisscom店舗ではなんだか最近iPadで顧客の特徴をメモして、札を渡さないような方式にしているようです。どのくらい進んだのかわからないので、かなりイライラしました。割と空いてるのに40分以上待たされて、状況がわからないのであと何分ほど待てばいいのか聞いたら
“Every body is waiting.”
うへぇ。知っとるわ。(結局一時間待たされた)

SIMはMicroSIMにもできるタイプです。差し込み時に折れかかって焦った…
空港でのSpeedtest計測値:PING:80ms,DOWN:2.5Mbps,UP:600Kbps
ダイアルアップ番号:*99# 認証:CHAP APN:gprs.swisscom.ch
APNが付属の紙に書いてなくて困った…

.oO(“http://”つけてないのに勝手にツイート内のホスト名にhttp付けるTwitterの仕様が気に入らない

追記:
25ユーロx4の優待券付きで到着しました。正規料金で乗る機会なんてまぁ絶対に無いので売る予定です。

Permanent link to this article: http://lga128.nekobaka.net/2012/08/swiss_mobile/

2 comments

  1. 松本海月

    スイスのモバイルインターネットは安いなあ。
    あと日本でも駅で残高チャージ出来るようになればいいのに。便利そう。

    ところでSpeedtestの結果がup/downで逆じゃないですか?

    1. okanakkun

      ああぁぁぁ…… Twitterに書いたのをコピペした時に修正し忘れてた…
      そもそも日本ではプリペイドSIMというものがないからな… もっと自販機で買える感じになればいいんですけどね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.