«

»

7月 30

>Pythonで簡単なスクリプトを作ってみた

>「みんなのPython」をとりあえず読み終わったけど、これから何をすればいいのかちょっと迷ってるここ数日です。Pygameはもう少し後になってからやりたいんだよなぁ…
とりあえず、適当にスクリプトでも作ってみました。 実用的なものはこれが初めてかも。だからわざわざブログに書いてみた。

内容は至って簡単、”1.txt” ,”2.txt” ,”3.txt”… というテキストファイルがあった場合に、最後のファイルの番号と出力ファイル名を指定すると、指定した出力先ファイル(新規作成もできる)に順番に、一行だけテキストファイルから読み込み、データをまとめて書きだすスクリプト。アンケートとかに使えるかも。いや、使えないかも。

でもコードをブログに載せても、綺麗に整形されないからアレなんだよなぁ。。 そういう拡張がBloggerでもできたらいいんだけど。。
※このコードのライセンスは修正BSDライセンスで配布されます。これは無保証です。商用・非商用問わず、ご自由に使用・改変ができます。

filesyuukei.py
7/31 例外処理追加

#coding:utf-8

#最後のファイル番号取得
last_filenum = raw_input(“最後のファイル番号を入力してください: “)
last_filenum = int(last_filenum)+1

#書込み先ファイル名取得
write_filename = raw_input(“書きこむファイル名を入力してください: “)

#書込み内容変数作成
write_data = “”

#ファイルから読み込み&変数に書き込み
for readfile_num in range(1,last_filenum):
readfile_name = str(readfile_num) + “.txt” #読み込みファイル名を作成

try:
readfile_data = open(readfile_name , “r”)  #ファイルからファイルオブジェクトを作成

except IOError:   #エラー処理
print ‘ファイル”%s”は存在しません。終了します’%(readfile_name)
exit()

readfile_data = open(readfile_name , “r”)  #ファイルからファイルオブジェクトを作成
readfile_text = readfile_data.readline()   #ファイルから一行読み込む
readfile_data.close()                      #ファイルオブジェクトを閉じる

write_data = write_data +readfile_text     #書き込み内容変数に代入

writefile_data = open(write_filename,”w”)          #書込み先ファイルを作成&オブジェクト作成
writefile_data.write(write_data)                   #ファイルに書き込み
writefile_data.close()                             #ファイルオブジェクトを閉じる

Permanent link to this article: http://lga128.nekobaka.net/2011/07/python%e3%81%a7%e7%b0%a1%e5%8d%98%e3%81%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%88%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.