«

»

3月 11

>UbuntuをメインOSにしました&10ステップでUbuntu試用とインストール

>Windows、嫌いです。理由。まず完成度が低い。バグだらけ。さらに高い。なのにシステム要件も高い。重いし。デファクトスタンダードだから使われているだけで、これを使うメリットは互換性しかない。WindowsPhone7とか出してるけど、これは売れないと思う。ARM版とか出してお茶を濁しているけど、もうOSにお金を払う時代は変わり始めてるんじゃないか。

今こそLinuxを使う時。Linux人口を増やして、互換性の問題も解決しよう!

で、PC3と4にUbuntu入れてみた。今回はその体験記&Ubuntuの試用とインストール方法的な。

まず簡単にあなたとUbuntuの相性チェック。

  • M$大好き! 抱き締めたい! →…さようなら。
  • Oficceじゃないと。OOoだと互換性が… →性能が高ければ、仮想的にWindowsを動かしてみてはどうでしょう。Wineでも動くらしいです。サブ機にWinを入れて使うのもいいでしょう。
  • デバイスの互換性がな… →最近のプリンターなら、大抵Linux向けドライバーも出しています。特殊なデバイスだったり、配布していなかった場合は、サブ機を。例えばATI Catalystは、インストールが少し面倒ですが、ちゃんとLinux向けもあります。ただし、OC機能が削られているので注意。
  • コマンドとか知らないよ… →俺もほとんど知りませんがGoogle先生でどうにかなりました。もちろん極めたいならコマンドリファレンスを買いましょう。

このくらいでいいかな。思い付いたら追加します。

さて。最初にインスコするのは、人柱としていつもネタを支えてくれるPC3(VJ16M-EF-W)。ボロボロ。
特に障害になるようなデバイスは見つからなかったので、早速使ってみましょう。

  1. ディスクイメージをダウンロードします。バージョンは(今現在)10.10が最新。それを落としておけば特に問題はないです。10分くらいかかります。トレント使うともっと早いよ。っていうか、トレントで合法的に落とせる大容量のファイルなんてLinuxイメージくらいしかないと思うんだが
  2. で、焼く。USBブートできるならUSBメモリーに入れましょう。もちろんISOファイル入れるだけじゃダメで、専用のソフトが必要。ググれ。 PC3のBIOSパスワード忘れちゃって、USB起動の順位を上げれないから今回は普通に焼く。
  3. CDトレイ(orUSB端子)に入れて起動。BIOSの順位がHDDが先になってたりするといつものOSが起動してしまうので注意。BIOSを出すには、電源を入れてからDelete(機種によってはF2だったりと違うので、これもググれ)を連打しながら、いつもと違う画面になるのを待つ。表示される通りに進めます。決定はEnter、移動は十字キー、戻るのはEsc。
  4. Ubuntuのロゴと共に「Ubuntuをインストール」とかが表示されたら成功。とりあえず今回は、「試してみる」とか「Live起動する」みたいなのを選択。これは、HDDにインストールしないでためしに使ってみるオプションなのでPCには影響を及ぼさないのでご安心を。
  5. CDから起動しているのですごくレスポンスが悪いかもしれないけど、HDDにインストールすればとても早いので我慢。一通り試したら、右上の電源ロゴみたいなのをクリック、シャットダウンを選ぶ。
  6. いかがでしたか。Windowsとは違う画面に戸惑ったかもしれませんが、綺麗なUIが目を引いたのではないかと思います。UIだけでなく、使っていくうちにUbuntuのすばらしさに気づけるはずです。(どうしてもこのUI(GNOME)に慣れることができないなら、ウィンドウシステムがWindowsに似たKDEを採用したKubuntuを試してみてください。ただ、こっちはちょっとパチモン臭がするので気に入らないのですが…。)
  7.  早速インストールしてしまいましょう。Ubuntu教に改宗する心の準備はできましたか?
  8. インストールする前に、クリーンインストールなのかデュアルブートなのか決めておきましょう。クリーンインストールなら重要なファイルのバックアップを忘れずに。
  9. 同じように起動して、今度は「インストール」を選びましょう。あとは指示にしたがっていけば大丈夫。クリーンインストールorパーティション分割orHDDを別にしてインストール の設定を間違えると、データが消えてしまうので注意。パーティション分割はデフォが無難です。
  10. そして、ついにあなたはUbuntuユーザーになりました! お疲れさまでした。

正常にインストールできたか確認するために、起動してみましょう。デュアルブート時には、「○秒後に選択したOSを起動」的な黒地に白字の画面(ブートローダー)が出ると思いますが、これはEnterでスキップできます。Windowsを起動したい場合は、十字キーで選択、Enter。

※注意!:インストール後の初回起動時には、なにもしないで再起動すること。初回に更新orアップデートをするとカーネルが破損してしまう!

インストール後の設定などは、また別記事で。Ubuntuいいよ! もちろんPC4にもインスコしたよ!

そうそう。これから、LYNXで記事書いてから直接公開後、PCで書式を綺麗にしますねー。

Permanent link to this article: http://lga128.nekobaka.net/2011/03/ubuntu%e3%82%92%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3os%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%ef%bc%8610%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%a7ubuntu%e8%a9%a6%e7%94%a8%e3%81%a8%e3%82%a4%e3%83%b3/

2 comments

  1. ST3110

    >>WindowsPhone7モバイルwindowsとかマジ勘弁www知り合いのケータイ見せてもらったけど使い辛いし重いしバグるし・・・Ubuntuは軽くていいね。

  2. LGA128

    >モバイルWindowsワロタwwやっぱりモバイル機器は軽くなきゃだめですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.