«

»

8月 26

>テンキー分解した

>もうね、大変でした。開口部はないし、ネジは一箇所。大変でした。ほんとに大変でした。
アキバで少し前に手に入れた100円テンキー。お目当ては中の基盤ですので、速攻分解ですね。ネジはゴム足の下にあるはずなので、簡単だねっ!←理想   ・・・以下現実
今回も写真が多めなのでたたみます。

はい、テンキーの裏側です。何の変哲もない、裏側です。富士通リミテッドの文字が光ります。さて、ゴム足をひっぺがして・・・な、ない!ネジがない!・・・まあこんなこともあるでしょう。富士通リミテッドのさっきまで光っていたロゴも「焼き払え! byクシャナ殿下」です。

キタ――(゚∀゚)――!!ネジ穴。しかし、一つしかないよ。どうしよう。はあ。

ちょうど手元にあったキリで隙間を開けて、ペンチを挿し込んで曲げながらマイナスドライバーで割ります。

「バキッ」はあ。ついに。・・・なんでテンキー開腹ごときにこんな労力使ってるんだろ。

 ほいよ基板。USBは外して、固定金具も外して・・・

 ご丁寧に鉄板が埋め込まれています。む、ツメで抑えられちゃってますね・・・一本一本外すのめんどいし・・・はい、また登場です、ペンチ。ツメを外せないなら、折っちゃおう。逆転の発想ですね。ここテスト出ます。

 なんとも安っぽい油ギトギトなメンブレンの裏側です。さっきまで信頼していた富士通ブランド、崩壊の瞬間ですね。

 基板分離。

 メンブレンシートです。詳細説明はGoogle先生に任せます。

メンブレン構造解析しました。疲れました。おやすみなさい。

Permanent link to this article: http://lga128.nekobaka.net/2010/08/%e3%83%86%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc%e5%88%86%e8%a7%a3%e3%81%97%e3%81%9f/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.