>あの電話機を分解してみた

>ちゃんとした記事を書くのはこのブログで初めてですね。さてさて、旧ブログ参照のあの電話機、分解する覚悟ができました。…というかアイコン作る気力がなくなったからなんですが。

 ←裏側。手頃なネジが3つ。とりあえず開けてみる

 ちょwww普通に開いたしwwwゴムの下に隠れてると思ってたんですけど。さて、開けただけでいろいろと面白いです。まず、テンキー部分がメカニカルだった!これは楽です。よかった…

 緑色のはなんでしょう。日立のロゴが入ってますが。そういえば日立って部品供給してたっけ。
その左がフック。電話を切るやつですね。カチカチやると面白いですwシステムを見てみたらものすごく簡単。タクトスイッチを仕込んであると思ってたんですが、バネと接点だけwww

 電話線には40Vの電流が流れている、という話を旧ブログのコメント欄に書いていたんですがその昇圧に使用しているであろうトランス。ちなみにもう一つかなり大きいトランスがあったんですが写真撮り忘れましたw

 これもトランスです。書き忘れてたんですがこの基板、時代を感じます。というのも、最近の基板はもっぱら表面実装。マザボとかそうですね。抵抗もチップ抵抗です。それがこの基板だとDIPというかピン式というかPin insertion typeなんです。

わざわざ端子が付いています。ホットボンドで固定してピンヘッダでやれば簡単そうです。親切設計。やっとICを見つけました、がDIP!!!

というわけで、分解はできました。改造にはホットボンドが必要かも。

Permanent link to this article: http://lga128.nekobaka.net/2010/08/%e3%81%82%e3%81%ae%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e6%a9%9f%e3%82%92%e5%88%86%e8%a7%a3%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f/

5 個のコメント

Skip to comment form

    • みつる on 2010年8月17日 at 01:03
    • 返信

    >緑のはコンデンサーにも見えるが、この画像サイズじゃわからんw

    • LGA128 on 2010年8月17日 at 09:03
    • 返信

    >真ん中のつぶつぶはパスコンのつもり

    • れお on 2010年8月18日 at 22:21
    • 返信

    >とりあえず分解したわけねwマクロキーとしてどうぞw

    • LGA128 on 2010年8月19日 at 10:26
    • 返信

    >あと700円くらいで作れることに気づいた。内訳USBオーディオコンバータ(500円)USBMini-B端子(20円)錫メッキ線(50円)とかとか。

    • yop on 2010年8月22日 at 03:41
    • 返信

    >ニュースで見たよーその後で、Youtubeデもう一回見たけどね

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.